大三島を日本で一番住みたい島にするプロジェクト

2011年、大三島の浦戸に「今治市伊東豊雄建築ミュージアム」が開館したことを機に、この島にすっかり魅了された。同年、建築家としてやってきた私にとって、今までの活動を根底から見直さざるを得ない出来事があった。東日本大震災だ。被災地の惨状を目の当たりにして、それまで都市を向いて建築を構想してきた私は、「建築家として何ができるのか」をあらためて自問自答せずにはいられなかった。21 世紀の日本は、災害対策、少子高齢化、地方再生、エネルギーや環境問題など、実に多くの課題を抱えている。これらはもはや従来のような都市中心の発想では解決できないと思う。

大三島を日本でいちばん住みたい島にする

詳細を読む

プロジェクト実行委員会 委員長  伊東豊雄

News

ニュース一覧

  • 2016.12.15

    「参道マーケット」「ShimaJam 2016」映像を公開しました!

    2016年10月16日、瀬戸内海・大三島にて開催された「参道マーケット」「ShimaJam 2016」のダイジェスト映像を公開しました。   文化庁 平成28年度地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業 制作:大三島を日本でいちばん住みたい島にするプロジェクト実行委員会 撮影・編集:ViDeOM 音楽:石田多朗

    詳細はこちら

  • 2016.11.23

    第三回 島デザイン部 後期の活動内容決定 -部室を作ろう!-

      11月8日、第三回島デザイン部の活動を行い、第二回の活動の振り返りや後期活動の計画を立てました。「島デザイン部」は、今治北高校大三島分校の生徒が次世代地域文化の担い手として、地域の活動を動かす源動力となるための部活動です。後期の活動は島デザイン部コーチの山口絵莉一さん、古川きくみさん、山田安紀さんにサポートしていただきます。     今年度第三回目となる今回、前半では、7月に開催された第二回の活動の振り返りをしました。第二回の活動の感想や反省を各自付箋に書き、模造紙にまとめました。私と似ている意見もあれば、こんな考えもあるんだなと発見できた内容もあり、一つの

    詳細はこちら

  • 2016.09.27

    島デザイン部の活動が新聞に掲載されました!

    島デザイン部の活動が、2016年7月22日(金)の愛媛新聞10面に掲載されました!こちらのリンクよりご覧いただけます。

    詳細はこちら